ベルブラン

ベルブランで顔の赤み(赤ら顔)は改善できる?

ベルブランはニキビ跡をキレイな肌に改善することが出来るニキビ跡用美白美容液です。

ベルブラン口コミ

ベルブランで色素沈着(シミ)が取れて美白になるということは、顔の赤み(赤ら顔)の改善にも効果を発揮できるのでしょうか?

ベルブラン赤ら顔への効果について調べてみました。

 

ベルブランの赤ら顔にも効果あり

結論をお伝えすると、ベルブランは赤ら顔にも効果があると言えるでしょう。

「ニキビ跡なのに何故?」

と思われるかと思いますが、実は赤ら顔とニキビには関係性があるのです。

 

赤ら顔が起こる2つの原因とは?

赤ら顔ベルブラン

ベルブランが赤ら顔に有効な理由をお伝えする前に、赤ら顔の原因を知っておく必要があります。

赤ら顔が起こる原因には大きく分けて2つ理由があります。

  1. 皮膚の薄さと血管による赤ら顔
  2. 皮膚が赤くなったことによる赤ら顔

それぞれ詳しく解説していきます。

皮膚の薄さと血管による赤ら顔

皮膚の薄さと血管による赤ら顔は、様々な要因が挙げられます。

血管が膨張したことによって血量が増え、本来は見えないはずの血管が皮膚から透けて赤ら顔になってしまう人や、気温の変化などにより赤ら顔になってしまう人もいます。

どれも皮膚が薄く毛細血管が透けやすいといった身体の体質による影響があります。

 

皮膚が赤くなったことによる赤ら顔

こちらは毛細血管の影響で皮膚が赤くなってしまったのではなく、皮膚自体が炎症を起こして赤くなった赤ら顔です。

炎症を起こす要因としましては、

  • ニキビ
  • 肌荒れ

といった要因が考えられます。

赤ニキビは皮膚に炎症をもたらし、赤ニキビが改善する前にまた新たに赤ニキビができ炎症を起こすと、次第に色素沈着してしまい赤ら顔として残ってしまいます

また、皮膚がかぶれてしまったり、皮膚がむけるなどの肌荒れでも赤ら顔になってしまう人もいます

 

ベルブランで改善出来るのはどちらの赤ら顔?

赤ら顔は主に2つの要因があると紹介しましたが、ベルブランで改善が出来るのは「皮膚が赤くなったことによる赤ら顔」のみです。

皮膚の薄さと血管による赤ら顔は、元々の体質による影響が大きく、ベルブランで改善するのは難しいでしょう。ベルブランには肌をふっくらさせてクレーターニキビ跡を改善出来るコラーゲンが配合されているため改善が出来ると思われがちですが、皮膚の薄さを改善させるまでは難しい問題でしょう。

しかし、皮膚が赤くなったことによる赤ら顔が皮膚に原因がありますのでスキンケア次第では改善が可能です。赤ら顔の原因にはニキビが関係があるということが分かりましたので、ニキビ跡用美白美容液「ベルブラン」の出番ですね!

あなたの肌にニキビがあり赤ら顔で悩んでいるのでしたらベルブランは最適な美容液となることでしょう。

 

-ベルブラン

Copyright© 【ベルブランの口コミ】ステマ問題と効果がないという悪評の真実... , 2019 All Rights Reserved.