ベルブラン

ベルブランのニキビへの効果の秘密「ビタミンC誘導体」が鍵だった!

ベルブランはニキビ跡のシミを改善することの出来る雑誌や口コミでも人気の美容液です。

ベルブラン口コミ

そんなベルブランの効果の秘密には「ビタミンC誘導体」が配合されている事があります。

この記事では、

  • ビタミンC誘導体はどんな効果があるの?
  • ビタミンCとビタミンC誘導体の違いって?

といったことについて紹介していきます。

ベルブランに配合されているビタミンC誘導体ってなに?

ベルブランにはニキビに効果的とされるビタミンC誘導体が配合されています。化粧品では専門表記で記載されており、ベルブランでは「3-O-エチルアスコルビン酸」といった名称でビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体は以下のような効果に期待ができます。

  • コラーゲンの合成を促す
  • 皮脂を抑える
  • シミのもととなるメラニンの生成を抑制する
  • 炎症を抑える

どれもニキビやニキビ跡のシミに効果的な事が分かりますね。

ビタミンC誘導体は、ニキビ跡の改善、美白効果、ニキビ改善、凹凸(クレーター肌)改善、肌のハリ改善といった働きがあると言われています。

 

ポイント

ビタミンC誘導体は国に認められている美白成分なんです。厚生労働省に認められている美白成分として13種類がありますが、そのうちの1つがビタミンC誘導体です。そんなビタミンC誘導体が配合されたベルブランは「医薬部外品」と呼ばれています。医薬部外品は国が認めていないとつけられない証です。

 

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いは?

ビタミン

「ビタミンC」は美白効果が期待できますが、ビタミンCは肌に浸透しにくいといったデメリットがあります。

そんなデメリットを改善するために開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体はビタミンCに比べて8倍の浸透力があるんです。

 

騙されないで!ビタミンC誘導体にも種類がある!

ビタミンC誘導体

これまででビタミンC誘導体はニキビやニキビ跡のシミに効果的なことが分かりましたが、残念ながらビタミンC誘導体が配合されている化粧品は全てが効果的とは言えないのです。

といいますのも、ビタミンC誘導体にもグレードがあり浸透率が異なるためニキビやシミへの効果にも違いが出てくるのです。

  • ピュアビタミンC(アスコルビン酸)
  • APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
  • リン酸アスコルビル、アスコルビン酸グルコシド
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、イソパルミチン酸型ビタミンC誘導体

最も浸透効果が高いとされているのが「ピュアビタミンC(アスコルビン酸)」で、最も浸透効果が低いのが「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、イソパルミチン酸型ビタミンC誘導体」です。

ベルブランには、ビタミンC誘導体の中でこれが最も効果が高い「ピュアビタミンC(アスコルビン酸)」が配合されています。

他のビタミンC誘導体より数十倍浸透効果が高く、イオン導入でしか届かない肌の奥まで浸透させることが出来ます。また、浸透スピードも早いのが特徴です。また、皮膚内で即作用し、最大72時間の効果の持続性があるとされています。

ベルブランに配合されているビタミンC誘導体はドラッグストアなどで市販されている化粧水などにはまず配合されておらず、クリニックなどで使用されている高品質なビタミンC誘導体です。

 

ベルブランを使用した後に使用する化粧水にも「ビタミンC誘導体」が配合されているものを選ぶもの効果的でしょう。

その時もビタミンC誘導体の種類に注目してみてくださいね!

関連記事ベルブランの正しい使い方|化粧水の順番を間違えると効果なし!?

 

ベルブランに含まれるビタミン誘導体の特徴

最後にベルブランにビタミンC誘導体が配合されていることによる特徴をまとめてみます。

  • 他のビタミンC誘導体に比べて圧倒的に浸透効果が高い
  • 浸透スピードも早く、効果が持続する
  • シミの改善(美白効果)が高い

そんな高品質なビタミンC誘導体を配合しているのもベルブランの口コミ評判が良い理由の1つですね!

 

-ベルブラン

Copyright© 【ベルブランの口コミ】ステマ問題と効果がないという悪評の真実... , 2019 All Rights Reserved.