ベルブラン

ベルブランはそばかすを改善する効果はあるのでしょうか?

投稿日:

ニキビ跡のシミ(色素沈着)を改善することが出来るベルブランは口コミでも人気な美容液です。

ベルブラン口コミ

そんなニキビの悩みを改善する効果に期待ができるベルブランですが、肌の悩みと言ったらもう一つ、”そばかす”が挙げられますよね。

ベルブランでニキビのシミを改善することが出来るならそばかすも綺麗に出来るのでは?

って考えられますよね!

この記事ではベルブランのそばかすへの効果について紹介していきます。

 

シミとそばかすとの違いとは?

ベルブランそばかす

そもそもシミとそばかすの違いはご存知でしょうか?

シミ・・・紫外線の影響やニキビ跡の炎症や、ホルモンバランスの影響で出来る、後天的な肌トラブル。

そばかす・・・正式名所は雀卵斑(じゃくらんはん)。肌質の遺伝が主な原因で、紫外線を浴びることで発症する、遺伝的な肌トラブル。

シミとそばかすの主な違いは、シミは後天的なものに対して、そばかすは遺伝的なものということです。しかしどちらも出来る原因は「紫外線」と「メラニン色素」という特徴があります。

人間の皮膚はターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を繰り返し一定期間で新しい皮膚が出来ています。皮膚にとって有害な紫外線が皮膚に当たると、皮膚は体を守ろうとメラニン色素を作り出します。夏に悩みがちになる日焼けも、メラニン色素が大量に作られた結果なのです。通常、メラニン色素は肌のターンオーバーによって剥がれ落ちるのですが、何かしらの原因によりターンオーバーがうまくいかないと、シミやそばかすになってしまうのです。

つまり、シミもそばかすは後天的や遺伝的という違いはあるものの、発生する原因と改善方法は同じというわけです。そばかすは遺伝的に出来るものだから治らないという訳ではありませんので安心してください。

 

ベルブランはそばかすにも効果がある?

ベルブランそばかす

シミとそばかすが出来る原因や改善策は同じということが分かりましたが、ベルブランでそばかすを改善することは出来るのでしょうか?

 

結論としましては、ベルブランはそばかすを改善し予防する効果に期待ができます

 

さきほど紹介した事をまとめると以下のような内容になっていました。

  • そばかすを改善するには、ターンオーバーを改善する必要がある。
  • そばかすを予防するためには、紫外線を抑え、メラニン色素の発生を抑える必要がある。

ベルブランに配合されている成分には、上記全ての効果に期待ができるのです!

 

ベルブランにはシミやそばかすに効果的な「ビタミンC誘導体」という成分がが配合されています。

ビタミンC誘導体には以下の働きがあります。

  • 紫外線を抑えメラニン色素の発生を抑制させる効果
  • ターンオーバーの最適化をする効果
  • コラーゲンの合成を促し保湿させる効果
  • 皮脂を抑える効果
  • ニキビなどの炎症を抑える効果

 

ベルブランに配合されているビタミンC誘導体は国に認められている美白成分なんです。厚生労働省に認められている美白成分として13種類がありますが、そのうちの1つがビタミンC誘導体です。そんなビタミンC誘導体が配合されたベルブランは「医薬部外品」と呼ばれています。医薬部外品は国が認めていないとつけられない証です。

※紫外線を抑える効果があると言われて思いつくのが紫外線吸収剤ですが、この成分は紫外線を防ぐ効果が高い分、肌への負担が大きい事から、ベルブランでは配合されていませんのでご安心ください。

 

ベルブラン以外で出来るシミやそばかすを改善する対策とは?

ベルブランを使うこともシミやそばかすには重要ですが、日々のケアも重要になってきます。

シミやそばかすを改善する対策としては次の事が挙げられます。

  • 肌のターンオーバーを促進するビタミンCを食事からも摂取
  • 質の良い睡眠と規則正しい生活でターンオーバーを改善
  • 外出時は防止や日焼け止めをして紫外線を防ぎメラニン色素生成を抑制
  • 皮膚への刺激によってメラニン色素生成が起こるため、低刺激の化粧品を使用

シミとそばかすは、後天的と遺伝的といった違いがあるものの、出来る仕組みや改善策は同じです。ですからベルブランでもそばかすを改善することが出来るでしょう。

しかし、そばかすは思春期や妊娠中に色が濃くなりやすい傾向にあり、そばかすは年齢を重ねる毎に色が濃くなる傾向にあるのが特徴ですので早め早めの対策が必要です。

 

-ベルブラン

Copyright© 【ベルブランの口コミ】ステマ問題と効果がないという悪評の真実... , 2019 All Rights Reserved.